アダルトな夜の池袋

「東京芸術劇場」は、世界最大級のパイプオルガンを有する、文化施設です。
オーケストラや演劇の公演などが行われます。

交通アクセスに優れ、ショッピング施設や飲食店が充実する池袋には、連日さまざまな目的を持った人が大勢訪れます。
人の集まるところは歓楽街として発展するものですが、池袋も例に違わず、ナイトスポットとしても栄えています。
バーやクラブ、居酒屋はもちろんのこと、風俗店も軒を連ね、陽が落ちても賑やかさが完全に消えることはありません。
風俗のジャンルとしてはデリヘル、ホテヘルといった派遣型が大多数を占めますので、店舗を構えるお店は少数です。
しかし夜になると、非常にアダルトな空気が漂います。
派遣型風俗の利用に必須である、ラブホテルが林立しているせいも、あるかもしれません。
池袋ならば、特に何も決めずに出かけても、当地でふと思い立ったのであっても、大満足のプレイが楽しめることは間違いありません。
当エリアは激戦区であるため、お店のサービスも、女の子の対応も、レベルが高い傾向にあります。
ほんの短時間遊ぶだけでも、事務的で質の悪いサービスにがっかりすることは、ほとんどないはずです。
もし既に出かける予定が決まっているなら、一度どんなお店があるのか、検索して調べてみてください。

池袋北口街の様子をご紹介

池袋というのはわりと大きな駅なので、出口はいくつかあります。まあ東京都内に在住の方なら2~3回は何らかの用事で池袋駅に降りたことくらいはあるでしょう。もちろん、多くの女性はここで一人暮らしをしています。
しかし池袋の駅でたまに、ちょっと周りをきょろきょろと見回しながら待っている熟女系の美人さんを見かけませんか?もちろん同じ人という訳ではなくて、そういうタイプの女性を毎日複数の頻度で見かけることはないでしょうか?
これは実は、出会い系かもしくは最近流行の熟女系の待合せデリヘルと言われています。まあよくよく出会った瞬間の会話を聞いていると分かるのですが、もちろんそこまでするつもりは全くありませんのであしからず。
さて、そんな池袋の北口を出たところに広がっているまちなのですが、やっぱり何と言っても池袋ですから若者の利用が多いという点は否めませんよね。こんなにも大勢の若者が利用しているなんて、ちょっとこれはやばいですね。
もちろん男性客がちょっとしたキャバクラに・・・とか風俗にということはありますが、まさかデリヘルの待ち合わせとはちょっと意外で、私も当時はそれが「風俗」というものに含まれるとは思ってもいませんでした。

旅立ちの春

列車
シュッポシュッポと煙を吐き、やってきた列車。
僕は乗り、池袋を目指した。
春休みのひとり旅行だ。
池袋には前から行ってみたいと思っていた。

到着すると、はじめて足を踏み入れた
大都会の雰囲気に驚愕しながら
まずは池袋サンシャインシティに。
すごい人の数で戸惑うばかりだけど、
サンシャイン内のプラネタリウムを楽しんだ。
それからナンジャタウンもウロウロ。
うわー、一日いても飽きないですね。

そんなカンジで池袋を楽しんでいると、
日が暮れました。
勇気を出して、僕は池袋の風俗に向かいます。
今回の旅の目標のひとつなんです。
「池袋の風俗を体験してから帰る!」
誓って、列車に乗ってきたんですから、
このまま帰るわけにはいかない。

池袋のヘルスに行くと、
美人かつ都会的なお姉さんばかりそろっていた。
ルックスのハイレベルさもさることながら、
服装のセンスも素晴らしい。

迷ったから、もう誰でもいいですって
受付のお兄さんに言うと、
すごい可愛い娘と楽しめた。

池袋スゴイ!

カップル

最近池袋にある映画館、「シネマサンシャイン」で映画を観てきた。
何を観たかなんて誰も興味ないだろうから、話しません。
映画を観ている時、私の前のカップルがイチャイチャしているのに気がついた。
そういうのって一度見ちゃうと気になってしまうものだ。
もう映画に集中できなかった。
カップルたちは結構人がいるのに構わず、イチャイチャしている。
まるでピンサロにいる気分だった。
不覚にも興奮している自分がいた。
悔しいが間違いなく興奮していた。
こんなことなら池袋なんかに来ないで、地元の埼玉の映画館でも行けばよかった。
映画が終わり、私はネットで池袋の風俗店を探した。
このまま帰ってもむなしいことになるのが目に見えていたからだ。
そして恋人体験が出来るお店を選んだ。
正直に言おう。
映画館にいたカップルが羨ましかったんだ。
すぐお店に向かった。
そして最高の時間を過ごした。
しかしお店を出た後やはりむなしくなった。
でも風俗が世の中にあって本当よかったと思う。
きっと風俗がなければ、日本は性犯罪が今より多発していたに違いない。

男性がサービスを

5709828570_16aa04ee1a
昔、資格の試験を受験しに東京に行った時、池袋のホテルに泊まったんです。
あまり東京のことを知らなかったので、何気に安いから池袋にしたのですが、ひとけのないほうの駅の出口だったので、怖い雰囲気でした。
裏口はデパートなどが何もなく、シーンとしていて、ホテルの隣の部屋からもどなり声が聞こえてきたり、池袋のイメージ=怖いと思っていました。
しかし、最近では池袋も開発が進んで、OLがショッピングに来る街というイメージがすっかりついて、明るくなったらしいですね。
治安も良くなってきているとのことで安心しました。でも、風俗が盛んな部分は依然と変わっていませんね。
新しい風俗が続々とできるのも、都心池袋の特徴。最近は、男が女をいたわる「逆奉仕系」のエステがひそかに流行っているそうです。
女の子はトップレスで寝ていて、男性客がマッサージをする。その後は気持ち良くなった女の子の顔を見ながら自分で手コキをするんです。
これでいいんですかね?半数のお客さんは、イクこともなくひたすらマッサージをしていて、残りは胸を最初からもみまくるそうです。
風俗も一周するとおかしなことになるときもあるんですね。

池袋で楽しむコンセプト居酒屋とは

コンセプト居酒屋が最近では流行しています。これは90年代までは日本国内では考えられなかったものですが、池袋でコンセプト居酒屋を楽しむコツはいろいろなところにあると言われています。池袋にはそういった居酒屋がたくさんあります。
または池袋で楽しむコツはやはりいろいろなコンセプトを知っておくことです。例えば、忍者居酒屋を知っていますか?店員はみんな忍者の格好をしており、店内には楽しめるような忍者屋敷のような造りになっているのです。
または池袋には監獄をモチーフにしたものや、ホラー屋敷をモチーフにしたものなど、基本的にはコンセプトと言ってもちょっとスリルを感じることができたり、または江戸時代の時代感を再現したような酒場というのもあります。
また、最近では居酒屋のようなバーのような飲み屋を模しており、そしてゴルフシュミレーターがおいてあり、まるで店内で18ホール回っているかのようなお店もあったりします。それでも池袋には他にもいろいろな魅力があります。
バーにまでその種類を広げるといろいろなコンセプトが考えられます。またそういったアイデアを募集しているオーナーさんもいますから、あなたもいろいろ新しいことを考えてみると良いかもしれません。ちょっと雰囲気の良いバーもあります。女性

風俗激戦区・池袋

女性池袋は近年では新宿に次ぐ東京の中でも大きな商業エリアとして知られていて新宿・渋谷と並ぶ山の手3大副都
心の一つです。池袋の特徴としては北口・西口・東口とにエリアを分けることができそれぞれのカラーというも
のを持っています。北口には多くのラブホテルや300件近いソープやヘルス、ピンサロなど様々な種類の風俗店
が集まっています。中でも特に多いのがデリヘルでラブホテルが密集しているエリアが駅のすぐ近くにあるため
デリヘル店を利用しやすい環境が整っているのも特徴です。デリヘル店は数が多いだけではなく非常にバリエー
ションが豊富なので自分の性癖や好みにあったデリヘル店を選んで遊ぶことができるようになっています。在籍
している女の子は比較的若い子が多く料金も安いデリヘル店が多いのも特徴の1つです。また池袋はピンサロ大
国というほど風俗の一番ライトな業態の風俗となっていてピンサロが多く安いと3000円くらいで利用できま
す。